新着情報

2014.04.04

2)TC(テクノ・カーボン)の出会いから現在まで(その1)

 TC(テクノ・カーボン)の出会いは12年前、素材は粉末です。その構造はランダムな積層構造、特殊製法によりPHは弱酸性。この希少な素材をどう生かすか?思考錯誤のスタートです。
 TC粉末を配合し紙を作れないか?白い紙の製造ラインに黒い炭を入れる会社を探し、お願いに上がりましたが中々有りませんでした。 そんな中A社が対応して戴きました。紙が出来、ペットシーツに製造委託。出来たシーツをモニター依頼。効果を実証しこれなら販売可能かな?その時手を挙げて戴いたB社様に感謝感激でした。これまでの間、多くの皆様に助けられ、ご高配賜りました事、ご迷惑をお掛けした事、心よりお礼とお詫び申し上げます。

HP掲載写真①

素材は30~50μの粉末です。

TC電顕写真 150305

電子顕微鏡で見ると、ランダムな積層構造が確認出来ます。この構造が様々な粒径の臭い成分を吸着する決めてです。

秋刀魚3 20030109

一つの試験結果です。魚の鮮度保持テストでTC有無ではっきりした違いが確認出来ました。

ご注文はコチラ

少量の注文から業者様の注文まで
幅広く受け付けております。

ご注文ページへ >

ビジネスパートナー募集中

エコを推進し、事前保護・環境保全
地球温暖化防止・CO2削減に貢献しましょう!

ご連絡はこちら >